ワードバスケット


しりとりがカードゲームに!いち早くカードを出し切ろう!


ジャンル

言葉遊び カードゲーム 大人数で楽しめる 待ち時間が少ない 子供向け

作者

小林 俊雄

プレイ人数

2〜8人

所要時間

10分

対象年齢

6歳〜

準備

image1

中央にゲームの外箱を置きます。これがカードを出す場(バスケット)になります。すべてのカードをよく混ぜて、プレイヤーに5枚ずつ配ります。余ったカードは山札としてバスケットのそばに置いておきます。

ルール説明

カードを使ったしりとりです。山札をめくり、バスケットにカードを投げ込みます。プレイヤーはこの投げ込まれた文字から始まり、手札の文字で終わる3文字以上の単語を考えます(小さい子の場合は2文字以上)。思いついた人は、その単語を声に出しながらバスケットにカードを投げ入れます。プレイの順番はありません。早い者勝ちです。image2-2

新たなカードが投げ込まれたら、また同じように3文字以上の単語を考え思いついたプレイヤーからバスケットに投げ入れていきます。

手札が残り1枚になった人はリーチと宣言します。もし言い忘れて指摘された場合、ペナルティとして山札から1枚手札に加えます。最後のカードだけは、4文字以上でなくてはなりません。(小さい子の場合3文字以上)

 

特殊カード

5wild  場の文字から始まるぴったり5文字の単語と一緒に出せます

6wild  場の文字から始まるぴったり6文字の単語と一緒に出せます

7+wild 場の数字から始まる7文字以上の単語と一緒に出せます

5つの文字 終わりの文字を5つから選べます。

細かいルール

  • 最後の文字が小さい「ゃ、ゅ、ょ」の時は、「や、ゆ、よ」になる
  • 「ん」で終わる言葉はつかえない
  • 濁音は自由につけたり消したりしてもいい
  • 思いつかない時はカードをバスケットに捨て、捨てた枚数+1枚引くことができる
  • 最初の1枚は特殊カード以外になるまでカードをめくる
  • 最後の文字が長音の時は母音になる
ゲーム終了

誰かがカードを全部出し切った時点でゲーム終了です。そのプレイヤーが勝利します。


あわせて読みたい