スマートフォン版の宝石の煌めきが120円セール中です。


宝石の煌めき(Splender)がiOS、Androidでセール中です。通常価格840円が120円で購入可能です。本家本元のボードゲームは日本版で5000円程度、輸入版で4000円程度です。宝石の煌めきをちょっと遊んでみたい、という方にはチャンスではないでしょうか。非電源版を持っている方もチャレンジモードをお勧めします。チャレンジモードは様々な条件でクエストをクリアしていくモードです。思考時間、コイン、ターン数、様々な要素に制限を加えた状態でクリア出来るか試すことが出来ます。

iOS版宝石の煌めき(Splender)

https://itunes.apple.com/jp/app/splendor/id971215921?mt=8

Android版宝石の煌めき(Splender)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.daysofwonder.Splendor.gp&hl=en

さて宝石の煌めきとはどのようなゲームなのでしょうか?基本的に先行プレイヤーがミスをしなければ勝利するゲームです。しかし、ミスや運の悪さでは敗北する可能性もあります。五目並べやオセロのようなゲーム性に近いと思いました。今回は二人対戦で遊んでいますが複数人で遊べる五目並べやオセロと考えたら刺激的と思うかもしれません。二人〜三人で遊ぶ場合は心理戦や効率性を楽しみ、四人以上からはパーティゲームのような雰囲気に変わります。カルカソンヌを思い浮かべるといいかもしれません。人数によってゲームの性質が大きく異なる印象を受けました。

初期配置

初期配置

 

ここは16世紀。時は大航海時代。あなたは世界中から宝石を手に入れてくる冒険者です。冒険者は15点以上を先制すれば世界の勝者になります。また宝石をたくさん所有したものには貴族の位が与えられます。位が与えられる毎に3点が手に入ります。さあ、宝石を手に入れていきましょう。宝石を購入出来るコインは全てで6種類あります。一番右端の貴族カードの隣にあるのがコインです。上から順にゴールド、オニキス、ルビー、エメラレルド、サファイア、ダイヤモンドがあります。金色、黒色、赤色、緑色、青色、白色の順番ですね。

IMG_1063

各カードの左上の黄色い数字が勝利点数です。下から見て三段目のカードを3枚取れば合計17点で圧勝というわけです。このゲームは15点突破を目指すゲームです。

IMG_1073

ゴールドのコインはワイルドカードです。

IMG_1064

ターン毎に各々3枚ずつ手に入れることができます。

IMG_1065

 

同じ種類のコインが必要な場合は一度に2枚しか取れません。また場の残りコイン枚数が4枚以上でないと獲得することはできません。場に残された赤のコインは2枚であるため敵プレイヤーは次のターンに赤のコインを2枚獲得することは不可能ということです。

スクリーンショット 2015-12-31 8.48.07

また各カードの左隅にコインと対応するように色が振り分けられているのに気づくと思います。そのカードの宝石を得るために必要なコインの数が書いてあります。消費するコインの数はカードによって異なります。また宝石を得ると次ターンから獲得した絵柄の宝石一個分のコインを節約出来るようになります。宝石を獲得する毎に節約出来るコインの量は増えます。つまり、このゲームはコインを以下に消費しないように宝石を獲得することが肝要ということです。また敵プレイヤーにコインを消費させることを考えるのも醍醐味の一つです。点数を獲得するかコインは消費しないがゼロ点の宝石を獲得するか、あなたの選択次第だ。

IMG_1066

ゴールドはワイルドカードです。ただし、手に入れるにはカードを予約する必要があります。予約したカードは次ターン以降に購入することが出来ます。ただし予約したターンはゴールド以外のコインを得ることができません。カードの予約をしてゴールドコインを獲得するか他のコインを3枚 or 2枚獲得するか選択しましょう。ちなみにワイルドカードはもともとはトランプの用語で何にでも代用出来るジョーカーなどのカードの性質を指しています。転じてコンピューターゲームやプログラミングの世界でもよく用いられる言葉になっています。

IMG_1072

IMG_1077

貴族カードは指定された宝石の数を得ると手に入れることが出来ます。この場合はオニキスとルビーの宝石カードを四つずつ所有していることが条件です。赤いコインと黒いコインを四つ所有していることではありません。手に入れると3点が手に入ります。貴族カードは二人対戦の場合は3枚手に入ります。合計9点です。また貴族カードが購入出来る状態ということはプレイヤーが所有している宝石の数が多いことも意味しています。つまり、今後はコインの消費を抑えて宝石を購入することが可能になることを意味しています。それは他の貴族カードも連続して獲得される恐れがあるということです。他プレイヤーは先に余った貴族カードを手に入れるか妨害する必要が出てきます。

IMG_1079

15点を突破しました。ですが勝負は終了になりませんでした。彼には情状酌量の余地があるようです。神は1ターンを余分に与えてくれました。

IMG_1080

もちろん9点を獲得することはできません。彼は4点を獲得し、合計点数は10点でゲーム終了になりました。私は16点です。私の勝利です!

 

ちなみに序文でお伝えしましたがチャレンジモードというのがあります。起動後の画面の一番下の選択肢にチャレンジモードがあります。ちなみに真ん中はチュートリアルです。

チャレンジモード

チャレンジモード

 

世界地図

世界地図

 

16世紀の様々な地域でクエストを遊ぶことができます。

東南アジア

東南アジア

 

IMG_1052

日本に難破したイギリス航海士ウィリアム・アダムズ(三浦按針)ネタもあります。英国教会はカトリックと仲がよろしくないためイエズス会の宣教師達が反対しているわけです。

クエストをクリアする条件

クエストをクリアする条件

 

1ターンが25秒に制限されているのがこのクエストの特徴です。25秒を過ぎると自動的に敗北になります。

とにかく遊んでみましょう。面白いゲームですよ。ダウンロードリンクをもう一度貼っておきますね。

iOS版宝石の煌めき(Splender)

https://itunes.apple.com/jp/app/splendor/id971215921?mt=8

Android版宝石の煌めき(Splender)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.daysofwonder.Splendor.gp&hl=en

 

八王子ボードゲームクラブはTwitterやっているよ!フォローミー!

https://twitter.com/hachioujiboardG

あわせて読みたい