メガシヴィライゼーションのルール


メガシヴィライゼーションのルールを事前に把握してもらうために書きました。細かいところ、カードの効果の説明は省略してます。太文字で書かれたところだけ理解してくれればあとはゲームしながらでなんとかなると思います。わかりづらいところがあれば連絡ください。

ルールを読んで是非メガシヴィライゼーション会に参加してください!

http://twipla.jp/events/239334

 

ゲームの目的

 プレイヤーはそれぞれ世界地図か書かれているマップに18個存在する文明の1つを担当します。自分の文明を誰よりも大きく発展させることができるとゲームに勝利します。

 

準備

マップを広げ、プレイヤーマットとトークンを受け取ります。

 

マップ

水だけのエリア、陸だけのエリア、水と陸が両方ある沿岸エリアの3つで構成されています。マップ上で担当する文明を決め人口トークンを1つ所定の位置に置きます。

プレイヤーマット
1人1枚もってます。左右半分に分かれていて右側がストック、左側が国庫です。右側のストックに人口トークン54個、船4個、都市9個を置きます。左側は国庫で最初は何もないです。

 

ラウンドの流れ

1ラウンド1から13のフェイズに分かれています。

 1 徴税
 都市(フェイズ5で建築できる)にかかる維持費を払うフェイズです。

a.徴税
自分の都市1つにつき2つ人口トークンをストックから国庫に移動し裏返します。できない場合は納税者の反乱が起こる。

b.納税者の反乱
徴税ができなかった都市1つにつき、受益者(ストックにある都市が一番多いプレイヤー)が都市を1つ選び自分の都市に置き換えます。このとき得た都市の徴税はありません。

 

2 人口拡大
マップにある人口トークンが増えます。エリアごとに増加し人口トークンが1つあるエリアには1つ、2つ以上あるエリアには2つ追加でトークンを置きます。1ラウンド目はマップに自分のトークンが1つだけあるので2つになります。

a. 人口の拡大
人口トークンが1つの置いてあるエリアに追加で1つ、2つ以上の置いてあるエリアに追加で2つ置きます。この時、人口上限を超えても構いません。
追加でおいたトークンは裏返しでおきます。全て置き終わった後に表にすします。

b. 人口調査
ボード上にある自分の文明の人口トークンの数を数え、人口調査ボード(人口の数を表示するところ)の対応するところにマーカーを変更します。

 

3 移動

 人口トークン、船(コストを払って作ることができる)を動かして自文明の領土を拡大するフェイズです。ボード上にある自分の全てのトークンを移動でき、人口トークンは1エリア、船は4エリア動けます。

移動アクションは人口トークンの多い順に解決します。同じ数の場合はASTのランク(文明の強弱みたいなもの)の高い順に手番を行います。可能な限り同時進行で進めますが、自分の手番を待つこともできます。

各トークンが移動することができます。人口トークンの場合は陸地を1エリア、船の場合は沿岸エリアの水域を4エリア移動できます。同じエリアに船がある場合、移動前の人口トークンを乗船させ(最大5個)、任意の場所で下船させることができます。船の移動後人口トークンを全て下船させます。船で移動した人口トークンは同じターンに陸地を移動することができません。動かした、動かさないと決めたトークンは裏返します。

 

船の建築
移動フェイズの任意のタイミングで船を建設することができます。自分のトークンが置いてある沿岸エリアでのみ船の建築ができます。コストは国庫にあるトークンを2個ストックに戻すか、建設するエリアにあるトークン1つともう1つのトークンをマップ上か国庫から支払うことで作ることができます。

船には毎ラウンド維持費がかかります。移動する前、移動しないと決めた時に維持する場合は船1つにつき国庫を1つストックに戻すかボード上の人口トークンをストックに戻します。維持しない場合、船はボードから取り除かれます。

 

4 紛争
 人口トークンが同じエリアあると紛争が発生します。紛争が発生したエリアで人口トークンが少ないプレイヤーのトークンから交互に取り除いていきます。

2人以上のプレイヤーが同じエリアにいるかつそのエリアの人口上限を超えている場合のみ起こります。人口トークンの少ないプレイヤーから順番に人口トークンを一つずつ取り除きます。人口トークンの数が同じプレイヤーは同時に取り除きます。これをプレイヤーが1人になるか、トークンの数が人口上限以下になるまで繰り返します。

都市の攻撃
紛争解決後、都市エリアに他のプレイヤーのトークンが7個以上ある場合、都市への攻撃が成功します。
成功しない場合は攻撃側のトークンを全て破壊します。
成功した場合は都市を持ち主の人口トークン6個と置き換え、紛争を開始します。

攻撃が成功した場合は戦利品として国庫にトークンを3個移動、交易カードをランダムに1枚奪うことができます。

 

5 都市建設
 白い門か黒い門のマークがあるエリアに人口トークンが6個以上あると都市が出来ます。

a.都市建設

都市建設用土地(白い門か黒い門のマーク)があるエリアに6個以上の人口トークンがあると人口トークンを取り除き都市のマーカを置くことができいます。都市建設用土地ではないスペースの場合、12個以上あると都市マーカーを置けます。人口上限が0のスペースには都市を建設できません。

 

b.余剰人口の除去

都市のあるエリアの人口トークンを全て取り除く(農業、公共事業の文明があるとこのルールが変更される)

 

c.都市の支援と衰退

ボード上の都市1つにつき、人口トークンがマップ上に2つ存在している(都市の支援)必要があります。

もしない場合は足りない分だけ都市1つを人口トークン6個に置き換えます。この時置かれた人口トークンは都市の支援に使うことができます。これを足りるようになるまで繰り返します。

 

6 交易カード獲得
 マップ上に自文明の都市が1つあると1の交易品カードが1枚、2つだと1と2の交易品カードを1枚ずつ、3個だと1、2、3の交易品を1枚ずつ、4個だと・・・・・という流れでカードがもらえます。交易品のカードの山には交易品の他に災害カードも含まれています。交易カードは文明進歩を獲得するコストに使います。

 

7 交易

 時間内に1回の交易で3枚以上のカードを他のプイレヤーと交換できます。交易する前の段階では2枚は本当のことを言わなければいけません。

制限時間10分(状況によっては短くする場合もあります)交易は任意のプレイヤーとすることができます。1回の交易に3枚以上のカードが必要です。事前の話し合いで渡すカードについて交易する前に2枚は本当のことを言わなければいけません。お互いが納得したら交換してください。この時災害カードも渡すことができますが、交易不可と書かれている大災害は受け渡しできません。

交易品カードは同じ種類の品物を集めると価値が上がっていきます。1〜9までの交易品があり1の交易品が1枚だと1、2枚だと4、3枚だと9・・・9枚だと81という感じで価値が上がっていきます。2の交易品だと単純に2倍の価値があり、2、8、18・・・と価値が上がっていきます。これはのちに文明進歩を購入する時に使います。

 

8 災害選択

 手元にある災害カードを全て伏せて手元に置きます。

災害カードの持てる上限は3枚で、その中で大災害を持つことができる上限2枚です。多く持ってしまった枚数ランダムに捨てます。同一カードの災害が重複した場合、片方を捨て札にします。その後手札にある災害カードを前に伏せます。

 

9 災害解決
 災害カードの効果を解決します。

まず小災害を同時に解決します。

次に大災害を番号の小さい順に解決していきます。番号が同じ場合、交易不可と書かれている方から解決します。

 

10 特殊能力

文明進歩によって特殊効果が使えます。

 

11 余剰人口
 各エリアには人口上限があり、人口上限を超えているエリアは上限まで人口トークンを減らします。

 

12 文明進歩の獲得
 交易品カード、国庫にあるトークンを払って文明進歩を獲得するフェイズです。文明進歩は特殊効果が得られると同時に得点にもなります。

コストには交易品カード、国庫にあるトークンを任意の組み合わせで支払うことによて文明進歩を任意の枚数購入することができます。文明進歩は全部で51種類あります。コストは50〜240までと様々です。

文明進歩を獲得すると、クレジットと呼ばれるトークンが同時にもらえます。これは次のラウンドから持っている数だけ対応する文明進歩のコストが安くなるものです。

このフェイズの最後に購入したしてないに関わらず、手札を上限まで減らします。

5〜11:8枚

12〜18:9枚

 

13 ASTの更新
 ASTとはラウンド毎の達成条件です。段階に分かれていて達成していれば次の段階に進みます。誰か1人でも最後の段階に到達するとゲームが終了します。到達していない場合は新たなラウンドをスタートします。

ASTには5つの段階があり、要件を満たしていれば進めることができます。

石器時代 無条件で進める

初期青銅時代 都市が2つ以上

中期青銅時代 都市3つ以上 文明進歩3つ以上

後期青銅時代 都市3つ以上 コストが100以上の文明進歩2つ以上

前期鉄器時代 都市4つ以上 コストが200以上の文明進歩2つ以上

後期鉄器時代 都市5つ以上 コストが200以上の文明進歩3つ以上

 

ゲーム終了時の得点計算

都市1つにつき1点
コスト100未満の文明進歩1つにつき1点
コスト100以上200未満の文明進歩1つにつき3点
コスト200以上の文明進歩1つにつき5点
AST 1スペースにつき5点

あわせて読みたい