コヨーテ


やることは数を予想するだけ。相手を出し抜いて最後の1人になるまで生き残ろう!


ジャンル

心理戦 足し算 大人数でも楽しめる パーティーゲーム

作者

スパルタコ・ アルベルタレッリ

プレイ人数

2〜10人

所要時間

15分〜30分

対象年齢

10歳〜

準備

数字が書かれたカードが枚、文字が書かれたカードが3枚、計枚のカードがあります。配分はカードの裏面に書いてあります 。

IMG_0038

ライフポイントが書かれたカードを各プレイヤーに1枚ずつ配り、2体いる方を表にて置きます。これは身代わり人形でダメージをくらうと裏返し1匹減ります。2回目にダメージをくらうと身代わり人形はなくなって自分自身の命を賭け戦いになり、3回目でゲームから脱落します。

IMG_0028IMG_0027

カードを全て混ぜてから各プレイヤーに1枚ずつ配ります。配られたカードは見ないでください。他の人から見やすいようおでこの前で持ちます。

ルール説明

コヨーテという動物が何匹いるかを当てるゲームです。スタートプレイヤーは自分以外の配られたカード見てコヨーテが少なくとも何匹いるかを予想し、宣言します。

時計回りで、次のプレイヤーからは2つのうちどちらかの行動をします。

  1. 更に大きい数字を宣言する
  2. コヨーテと宣言する

1の行動をした場合、また隣のプレイヤーに手番が移り、コヨーテと宣言されるまで続けます。コヨーテ宣言はそんなにコヨーテはいないから確かめてみようという宣言です。コヨーテと宣言されたら全員が持っているカードを場に出しコヨーテの数を合計ます。

♦実際のコヨーテの数より大きい数を宣言していた場合

数を宣言したプレイヤーの嘘を見破ったということでコヨーテ宣言は成功となります。嘘をついたプレイヤーが1ダメージくらいます。

 

♦宣言されたコヨーテの数だけ実際にいた、もしくはぴったりだった場合

数を宣言したプレイヤーは本当のことを言っていたということになります。なので正直ものをコヨーテ宣言で疑ったプレイヤーが1メージ受けます。

カードはそのまま捨てて、山札からカードを配り直します。ダメージをくらったプレイヤーから手番を始めていきます。

 

特殊カードの説明

IMG_0030

MAX0

場にある一番大きい数字が0として扱われます。複数大きい数字がある場合は片方だけ0扱いとなります。

コヨーテ宣言がされた後、山札の上からカードをめくり、その数字として扱います。

×2

このカード以外の数の合計から×2をします。

黒い0

数字は0です。このカードが引かれた次のゲームが始まる前に使ったカードを混ぜて、シャッフルしてからカードを配ります。

ゲーム終了

最後の1人まで生き残ったプレイヤーが勝利します。


あわせて読みたい