ゲシェンク


マイナスカードを押しつけ合うシンプルで意地の悪いカードゲーム。徹底的に相手の足元を見よう!


ジャンル

カードゲーム 待ち時間が少ない パーティーゲーム

作者

トーステン・ギムラー

プレイ人数

3〜7人

所要時間

20分

対象年齢

8歳〜

準備

3から35までのカードが各一枚、チップが55枚あります。はじめに各プレイヤーにチップを配ります。枚数はプレイする人数によって異なります。

 3~5人→11枚 枚6人→9枚 7人→7枚

余ったチップは使いません。受け取ったら、他のプレイヤーに見られないように手の中で持ちます。

カードは33枚のうち、24枚だけ使います。ランダムに9枚取り出し、数字を見ないでよけておいときます。24枚のカードを裏向きにして、チップの入れ物(ゲームの外箱など)と一緒に真ん中あたりに置きます。

ルール説明

スタートプレイヤーを決め、山札から1枚カードをめくり、真ん中あたりに置きます。このカードに書かれている数字はすべてマイナス点です。手番のプレイヤーができる行動は2つでどちらかを実行します。

  1. チップを1枚入れ物に入れる
  2. マイナスカードと、入れ物に入ったチップを引き取る

image3

時計回りで誰かがカードを引き取るまで繰り返します。チップが無くなると強制的マイナスカードを引き取らなければなりません。引き取ったカードはみんなに見えるように自分の前に置いといてください。カードを引き取ったプレイヤーからまた山札から新たにカードをめくり手番が始まります。

基本的にカードに書かれた数字はマイナス点ですが、1つだけ例外があります。引き取ったカードで連続する数字がある場合、1番低い数字だけがマイナス点となります。

例えば12、13、15を引き取った場合、12と13が連続しているので13はマイナス点にならずに12 + 15でマイナス27点となります。もし14も引き取ったら12から15が連続するのでマイナス12点だけとなります。

ゲーム終了

山札がなくなり、誰かが最後のカードを引き取ったらゲーム終了です。残ったチップは1枚1点のプラス点、カードは連続しているものは一番低いカードと、それ以外のカードの合計がマイナス点となります。合計して数字が一番高いプレイヤーが勝利となります。


あわせて読みたい