何度でも遊べる名作ボードゲームランキング8

1回遊んでもうやらないのはもったいない!ということで何回でも遊べて買っても余裕で元取れるであろう名作ボードゲームをランキング形式で紹介したいと思います!!(ランキング作った後に日本で値段が高いことに気付きました。遊びたい方はボードゲーム遊べる店に行くといいんじゃないかな)

 

8位 ハイパーロボット

目的地に目的の色のロボットをゴールさせる最短手を競うゲーム。ロボットは直線で何かにぶつかるまで止まれないので色々なロボットを使った工夫が楽しめます。数学的思考が鍛えられるかもしれません。

一人で遊んでも楽しい、大人数で遊んでも楽しいある意味無敵のゲーム。ただ苦手な人はとことん苦手なイメージ。

twitterで#ハイパーロボットで問題を上げているのでぜひ解いてみてください。

遊びすぎてボロボロになって買い直したいけど高くて買えない・・・

 

7位 カタン


カタン島という無人島を開拓するゲーム。プレイヤー同士手札の交換が比較的自由にできるので交渉力がものを言います。

このゲームは1回やっただけだと自分のことで精一杯でなかなか面白さがわかりにくいところがある気がします。5回ぐらいやるとどのプレイヤーが優勢か、交渉の相場などがなんとなくわかってくるのでそのレベルになったらもう何回でも遊べますよ!

手頃な値段で買えていいです。

 

 

 

6位 ティチュウ

 

麻雀のような中毒性のあるゲーム。簡単にいうなら2対2の大富豪のようなもの。4人でしかできないのが難点ですが大富豪の100倍くらい面白い。

ただ上がりを目指すのではなく、点数を稼ぎながら上がらないと勝っても点数があまり稼げないことも。負けるときでも失点を抑え戦い方、勝てる手札のときにいかに多く稼ぐか、長期的に点数を稼ぐ戦い方が求められるゲームです。味方との協力要素もありやり込めばやりこむほど面白くなります。

日本ではなかなか買えないんでアメリカアマゾンで買うのがお勧めです。

 

 

5位 ドミニオン


トレーディングカードゲームに近いゲームです。ただパックとかをいっぱい買って欲しいカードを集めるのではなく、1セット買えばもう遊べるんです。(今値上がりしているけど)

まず全プレイヤーは10枚の同じ組み合わせのデッキを持ってゲームをはじめます。そこから共通の盤面にあるカードをデッキに加えていき独自のコンボを作ります。ゲーム終了までに勝利点を誰よりも多く集めることができた人がゲームに勝利します。

共通の盤面のカードを変えると毎回違った展開のゲームが楽しめます。基本セットさえ買えば遊べますが拡張含める無数の展開が楽しめます。全拡張入りで遊びたい方はぜひ遊びに来てください。

お勧めしといてなんですが価格がわけわからないことになってる。

 

 

4位 アグリコラ


ワーカープレイスメントというジャンルのゲーム。プレイヤーはそれぞれ動物、農作物を育てていき、より点数を多く稼いだ人が勝利します。他のゲームとの決定的な違いは、カードの種類が300種類くらいあること。

実際に使うのは1ゲームで14枚。毎回違った展開が楽しめます。

もしハマってやりこみたい方、ガチ勢による考察本も出ているので読んでみるのもいいかもしれません。カード1枚1枚の考察や戦術についての記述がとにかくすごいです。

ちなみにこの本の作者の一人とアグリコラを何回か遊んだことがあるのですが負けているところを見たことがないです。

アグリコラ理論

http://agriron.buyshop.jp/items/893127

 

ただ肝心のアグリコラ自体が結構いい値段になっているので買うのは少し難しいかもしれません。

カードのない、少しルールが優しくなったファミリーバージョンならまともな値段で買うことができます。

 

 

3位 ハンザテウトニカ

ネットワークを構築するゲーム。商人ギルドを作っていきます。あまりやり込んでいる人を見たことなく自分も数回しか遊んだことないけど個人的には何十回でも遊べるゲームなのではないかと思ってます。運の要素がほとんどないゲームできっとやり込めばやり込むほど熱い戦いが繰り広げられる気がします。

アメリカアマゾンで買えます。ルールは日本語訳がそこらへんに。

 

2位 カルカソンヌ

タイルを配置していってカルカソンヌの街を作って行くゲーム。4、5人でワイワイ遊ぶのも楽しいですが、2人であそカルカソンヌはまた一味違います。相手の妨害をするということがそのまま自分の勝利へと近づく2人対戦。やりこむとタイルの暗記をしてから残りタイルを数えより高い確率の待ちをする、若干麻雀に近いところがある気がします。

ある程度やり込んだら世界大会の予選とか誰でも参加できるので、ぜひ世界チャンピオン目指しましょう!

 

1位 ツォルキン

ボードゲームに歯車がついているという斬新なデザインのゲーム。見た目綺麗ってだけでテンション上がりますよね。個人的に大好きなので1位にしました。

1ゲームの時間が最初のうちは2時間くらいかかってしまいリピートしにくいところがあると思います。そんなときはインターネット上で遊べるボードゲームアリーナというサイトで遊ぶのがお勧め。ルールもそのサイトで説明があります。ここだと1ゲーム人数 × 15分くらいで遊べるので何百回でも遊べます!

言語依存しないので買いたい方はアメリカアマゾンで。

 

初心者にもおすすめのボードゲームランキング8

ボードゲーム会を2年間ほぼ毎日開催した経験からボードゲームを始めたばかりの初心者にもオススメのボードゲームを独断と偏見でランキングしていきます。ルールが比較的理解しやすく、何度でも遊べると思ったのが多いです。

8位 THE GAME

 

 

プレイヤー同士協力して目的を達成するゲーム。2から99の98枚のカードを場に出し切ることを目指します。

プレイヤーはそれぞれ手札があり、どの数字のカードを持っているか味方に具体的に教えることができません。具体的な数字ではなければ言っていいのうまく工夫しながら意思疎通して進めるのが楽しいでゲームです。

 

 

7位 ブロックス

 

 

手元にあるブロックをできるだけ多く盤面に出すことを目指すゲーム。色々な形のブロックがあり工夫してできるだけ多く置けるように考えるのが楽しいです。ブロックをはめる感触もクセになります。

 

 

6位 ハゲタカのえじき

 

 

1から15の手札をそれぜれ持ち、数字を出して勝負するゲーム。-5〜10点の15枚の得点カードがあり、15回勝負します。大きい数字を出した人が基本的に勝って得点カードを獲得するのですが、他のプレイヤーと同じ数字を出してしまうと勝負から脱落してしまいます。

やってることはカードを1枚出して勝負というのを15回繰り返すだけととてもシンプル。だけどどこで勝負するとかどこで引くとかの駆け引きが何回やっても楽しめます。

5位 カタン

 

 

カタン島という無人島を他のプレイヤーより早く開拓していくゲーム。資源を集めて街道、開拓地、都市、を建設していきます。

資源は基本的にダイスの目で手に入るものが決まりますが、プレイヤー同士交渉をしても手に入れることができます。自分の持ってない資源を余った資源と交換したり、お互いが納得する条件なら自由できるんです。

とにかくこの交渉するのが楽しい。マップは毎回ランダムで変わり何回やっても飽きないゲームです。

 

 

4位 コードネーム

 

 

2つのチームに分かれて行う協力型対戦ゲーム。

25枚のコードネームが書かれたカードがあります。それぞれのチームでリーダーを決め、リーダーは部下に自分たちの味方のコードネームがかかれたカードを当ててもらいます。

リーダーのヒントを元に味方を見つけ出す。ヒントの意図に気づけた時、リーダーをやっていて味方に意図が伝わった時などとても楽しいです。

割と大人数でも遊べるのでワイワイ盛り上がりたいときにもオススメです。

 

3位 グリュックス

 

 

あかりチップと呼ばれる両面にサイコロの面が描かれたチップを配置して陣取りしていくゲーム。チップの数字は移動できるます数であり、陣取り勝負の時の強さでもあります。

数字が小さいと小回りがきいて動きやすけれど陣取りの数字勝負では弱くなってしまうというバランスが絶妙です。チップを引いて配置するというのを順番にチップが尽きるまでひたすら繰り返すシンプルなゲームでありながら何度でも楽しめる面白さがあります。

 

 

2位 カルカソンヌ

 

 

カルカソンヌはタイルを配置してより良い城や道を作っていくゲームです。プレイヤーは共通の盤面にタイルを配置してそれぞれで城や道を作っていきます。順番にタイルを配置していくだけですが他のプレイヤーと同じ城を作ったり、乗っとったり、完成を阻止しようと妨害したり色々なことができます。

大人数で遊べて楽しいゲームですが、2人対戦だと大会が開かれているほど人気がありとても面白いです。

 

 

1位 宝石の煌き

 

 

宝石商人になって宝石を買い集めるゲーム。効率よく宝石を集めて誰よりも早く点数をとります。

宝石を買っていくと次の買い物が少しずつ楽になっていく拡大再生産というジャンルのゲームです。後半になればなるほどどんどん拡大していき、高い買い物もできるようになっていくのが爽快で楽しいです。

何回もやり込めてとてもオススメです。