初心者にもおすすめのボードゲームランキング8

ボードゲーム会を2年間ほぼ毎日開催した経験からボードゲームを始めたばかりの初心者にもオススメのボードゲームを独断と偏見でランキングしていきます。ルールが比較的理解しやすく、何度でも遊べると思ったのが多いです。

 

8位 THE GAME

 

 

プレイヤー同士協力して目的を達成するゲーム。2から99の98枚のカードを場に出し切ることを目指します。

プレイヤーはそれぞれ手札があり、どの数字のカードを持っているか味方に具体的に教えることができません。具体的な数字ではなければ言っていいのうまく工夫しながら意思疎通して進めるのが楽しいでゲームです。

 

 

7位 ブロックス

 

 

手元にあるブロックをできるだけ多く盤面に出すことを目指すゲーム。色々な形のブロックがあり工夫してできるだけ多く置けるように考えるのが楽しいです。ブロックをはめる感触もクセになります。

 

 

6位 ハゲタカのえじき

 

 

1から15の手札をそれぜれ持ち、数字を出して勝負するゲーム。-5〜10点の15枚の得点カードがあり、15回勝負します。大きい数字を出した人が基本的に勝って得点カードを獲得するのですが、他のプレイヤーと同じ数字を出してしまうと勝負から脱落してしまいます。

やってることはカードを1枚出して勝負というのを15回繰り返すだけととてもシンプル。だけどどこで勝負するとかどこで引くとかの駆け引きが何回やっても楽しめます。

5位 カタン

 

 

カタン島という無人島を他のプレイヤーより早く開拓していくゲーム。資源を集めて街道、開拓地、都市、を建設していきます。

資源は基本的にダイスの目で手に入るものが決まりますが、プレイヤー同士交渉をしても手に入れることができます。自分の持ってない資源を余った資源と交換したり、お互いが納得する条件なら自由できるんです。

とにかくこの交渉するのが楽しい。マップは毎回ランダムで変わり何回やっても飽きないゲームです。

 

 

4位 コードネーム

 

 

2つのチームに分かれて行う協力型対戦ゲーム。

25枚のコードネームが書かれたカードがあります。それぞれのチームでリーダーを決め、リーダーは部下に自分たちの味方のコードネームがかかれたカードを当ててもらいます。

リーダーのヒントを元に味方を見つけ出す。ヒントの意図に気づけた時、リーダーをやっていて味方に意図が伝わった時などとても楽しいです。

割と大人数でも遊べるのでワイワイ盛り上がりたいときにもオススメです。

 

3位 グリュックス

 

 

あかりチップと呼ばれる両面にサイコロの面が描かれたチップを配置して陣取りしていくゲーム。チップの数字は移動できるます数であり、陣取り勝負の時の強さでもあります。

数字が小さいと小回りがきいて動きやすけれど陣取りの数字勝負では弱くなってしまうというバランスが絶妙です。チップを引いて配置するというのを順番にチップが尽きるまでひたすら繰り返すシンプルなゲームでありながら何度でも楽しめる面白さがあります。

 

 

2位 カルカソンヌ

 

 

カルカソンヌはタイルを配置してより良い城や道を作っていくゲームです。プレイヤーは共通の盤面にタイルを配置してそれぞれで城や道を作っていきます。順番にタイルを配置していくだけですが他のプレイヤーと同じ城を作ったり、乗っとったり、完成を阻止しようと妨害したり色々なことができます。

大人数で遊べて楽しいゲームですが、2人対戦だと大会が開かれているほど人気がありとても面白いです。

 

 

1位 宝石の煌き

 

 

宝石商人になって宝石を買い集めるゲーム。効率よく宝石を集めて誰よりも早く点数をとります。

宝石を買っていくと次の買い物が少しずつ楽になっていく拡大再生産というジャンルのゲームです。後半になればなるほどどんどん拡大していき、高い買い物もできるようになっていくのが爽快で楽しいです。

何回もやり込めてとてもオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です