トンネルズ&トロールズで遊びました


こんにちは。八王子ボードゲームクラブです。

昨日はトンネルズ&トロールズというTRPGで遊びました。

略してT&T。戦士や魔法使いや盗賊になって、宝石を集めたりクエストを引き受けたりトロールと戦ったりするファンタジーもの。1975年に発売されたそうです。テーブルトークRPGの古典的作品ですね。

 

 

僕は盗賊のフェアリー、「やらお」というキャラクターを作成しました。22才、親の金でへらへら遊んで暮らしてたらある日とつぜんお父さんに説教されて追い出されてしまったので、仕方なく冒険者になったという設定です。

体力、耐久力が尋常じゃなく低いですが、そのかわり幸運と魔力が高い。味のあるキャラです。

「豊富な魔力で敵をぶっ飛ばすぞ!」とか意気込んでたのですが、盗賊は最初使える呪文をひとつしか選べないらしく、僕はよく考えずにうっかり攻撃呪文ではないものを選択してしまったので、ちょっとまずいことに…

T&Tのゲームシステムでは、体力(STR)が低いとまともな武器や防具を身に着けられないので、体力2のやらおは火力は他のキャラの5分の1、一発攻撃されればほぼ即死という完全な戦力外になってしまいました。とほほ…。

 

しかしTRPGはただ戦闘を繰り返すだけの短調なゲームではありません。偵察とか窃盗とか囮役とか言いくるめとか、戦闘以外のほかのロールプレイの部分では結構活躍できましたよ。

もっとも、T&Tは戦闘場面が一番の醍醐味ですから、肩身はせまかったですが…。

あわせて読みたい